Akira Matsuda Movies Site
松田 彰 映画サイト

subglobal1 link | subglobal1 link | subglobal1 link | subglobal1 link | subglobal1 link | subglobal1 link | subglobal1 link
subglobal2 link | subglobal2 link | subglobal2 link | subglobal2 link | subglobal2 link | subglobal2 link | subglobal2 link
subglobal3 link | subglobal3 link | subglobal3 link | subglobal3 link | subglobal3 link | subglobal3 link | subglobal3 link
subglobal4 link | subglobal4 link | subglobal4 link | subglobal4 link | subglobal4 link | subglobal4 link | subglobal4 link
subglobal5 link | subglobal5 link | subglobal5 link | subglobal5 link | subglobal5 link | subglobal5 link | subglobal5 link
subglobal6 link | subglobal6 link | subglobal6 link | subglobal6 link | subglobal6 link | subglobal6 link | subglobal6 link
subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link
subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link

movies

予告(一部)をご試聴になるにはQuickTime Playerの最新版が必要です。
ダウンロード→


短編映画「異し日にて」2014年10月完成→予告編 youtube

制作 2014 Studio AGIRA
41分
出演 菊地佳南
   富岡大地
   印宮伸二
   中村梨那

   太田恵愛

撮影 蔵原これむつ
照明 松井 博
演奏 林そよか 林はるか
編曲 林そよか

(米)ダラス・アジアン映画祭
Best short, late night category受賞
(日)福岡インディペンデント映画祭
40分部門グランプリ受賞


短編映画「奇し恋し」2011.6.18よりAGIRA ch.にてweb公開

制作 2011 Studio AGIRA
短編15分
出演 脇 卓史
   小野まりえ
   鈴木秀人

撮影 武藤 隆
照明 松井 博
音楽 黒木千波留


 

浅草哀歌 えんこえれじー

 

制作 2007オフィスサンヨー企画
オムニバス三編 63分
日本一の集客をほこる観光地、浅草。
下町情緒と新しいものが混在する不思議な街――。そんな街で、人々をもてなし、もてなされる女性たちのささやかな日常と小さな事件を描いた人情ドラマ。
若手役者たちの脇を、宮下順子・須賀 良・武野 功・
町田政則などのベテランが固め、
哀川 翔・柳沢慎吾・江藤博利らが友情出演として、華をそえ
ている。

予告編click

2008.9.22 DVD セル&レンタル開始
第一話『ばかの街』

監督 松田 彰
主演 栗原美の里・利倉大輔

第二話『走る街』

監督 須藤為五郎
主演 吉田 鼓・しいなまお

第三話『粧いの街』

監督 松田 彰
主演 桂 亜沙美・櫻井麻美

お祭り好きの大学生の千秋は、彼氏と呼ぶには頼りない武男の生家が浅草だと知って、三社祭の神輿を担がせて欲しいと頼む。
祭りの当日、熱気にあふれかえる浅草の街に千秋の姿があった――。

女だてらに人力車をひく塔子は、無愛想で、愛想笑いしかしない。
ある日写真家の志香乃に一日密着取材を受けることになるが――。

京都が舞妓さんなら、浅草は『振り袖さん』。大学をやめ、振り袖学院の社員となった裕美は「こおろぎ」という名前をもらい、厳しい見習い期間を過ごしている。そんな裕美に、遠く離れた母は復学を望む電話をかけてくる。そして父は――。





WEB配信始めました! →コチラ

オセロ
2006年「手づくり映画屋さん」制作
「先輩。またズルしましたね――」

撮影 飯野 歩
音楽 黒木千波留
出演 吉野真理、小黒奈央

          予告編clic


市民文化祭の控え室。一人留守番をしていた毬江のもとに、大学のOBの高階がやってきた。毬江は暇つぶしにボードゲームでもやらないかと誘う。
裏と表。コマが返される度に綴られる何気ない会話。
女二人の微妙な駆け引きが始まる。
果たして大逆転は成るのか――。
実際の市民文化祭で、制限時間6時間でしかも公開撮影。四街道出身の飯野歩、石出裕輔、伊東佳江らが提唱する地域密着型映画づくり推進プロジェクト「手づくり映画屋さん2006年・実践編」に参加して制作された作品。








冬の幽霊
2006年公開作品 43分 DVD Sale & Rental
「ひょっとして俺、死んでる――?」

音楽 黒木千波留
出演 村田牧子、最上沙和子、多智花孝彰、加藤大我、市川稀世花


OFFICIALサイト
http://tabenomati.main.jp/koukai/top.html
予告編click

――なんで?
結婚間近に控えた亜津美の前に、ある日突然、死に別れた元カレ、冬樹(とうき)が現れた。
なぜ? 首をかしげる元・恋人たち。友人の丸子にも見当がつかない。
カレが成仏していない理由を求めて、三人の道行きが始まる――。
季節はずれの幽霊話。果たして成仏できるのかな?












お散歩
2006年公開作品 49分 DVD Sale & Rental

「ずーっと歩いている?」
撮影 飯野 歩
音楽 斎藤哲也(ナタリーワイズ)
出演 村田牧子、鍋山晋一


OFFICIALサイト→http://tabenomati.main.jp/koukai/top.html

予告編→click

(米)バークレー映画祭「Grand Festival Award」受賞
(米)SoCal Film Festivalにて「Fourth Place Feature Film」受賞
(英)Raindance Film Festival入選
(日)TAMA CINEMA FORUM 15th映画祭「ベストキャラクター賞」「グランプリ」受賞
(日)かわさきデジタルショートフィルムフェスティバル入選
(韓)ソウルフリンジフェスティバル正式招待作品

四ヶ月、休みの日にお散歩してきた男女。
この二人恋人ではない。
恋人でないのに、どうして?
お互いの想い。男女の気持ちが交錯する――。

「お散歩するだけで男と女を描く。その発想が素晴らしい」佐藤佐吉(監督・脚本家)

ただ歩いているだけなのに、なぜかスリリングな二人を、ナタリーワイズの斎藤哲也のリリシズムあふれる音楽にのせて描いてます。












夢の祭
2003年作品 16ミリDV仕上げ 129分
DVD Sale & Rental

「町の映画屋さんが、師匠から受け継いだものは――?」
音楽 黒木千波留
出演 井上直己、広瀬寛巳、岩男淳一郎(劇団立見関)
DVD Sale & Rental

あきた十文字映画祭「北の十文字賞」グランプリ受賞
(韓)ソウルフリンジフェスティバル正式招待作品

専門サイト→http://tabenomati.main.jp/yume-matsuri/top_framepage.htm

            予告編→click


「………師匠、この映画は俺の映画だ。だから俺が終わらせる」
師匠が遺したシナリオを初監督するナオミ。世知辛い現実と過去のしがらみに揉みくちゃにされ、さらには師匠の思惑が黄泉の国からナオミを翻弄する。
生死の狭間でナオミが迎えた最後の一コマとは? ナオミに託した師匠の「夢」とは?
完成までに丸4年。大分県の湯布院オールロケ敢行。「夢」と「現実」が交錯する愛と信頼と冒険の奇妙奇天烈ファンタスティックムービー !!












鍋の中
1998年作品 DV仕上げ 95分

「アイテムは毒――。それはヘナチョコ男の復習劇の始まりだった」

(韓)ソウルフリンジフェスティバル正式招待作品

音楽 団塚 豊・岡田 豊
出演 井上直己、中島定吉、酒井晴江

Welcome to Poisoned Party――
毒入り鍋パーティの招待状が届けられる。それが未遂に終わった時、一人の男タカシを巡り事態は二転三転と??。錯綜する人間模様。思い知らぬところで、それぞれの想いが交錯する。行き着くところはどこなのか……。

予告編→click















餓鬼の季節
1997年作品 8mm100分(現在はDV作品)

「だんだん戯れ、静かにおかしくなる――」

出演 松田彰、井上直己

97年ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞 受賞 
(韓)ソウルフリンジフェスティバル正式招待作品

予告編→click

故郷に帰ってきたタカシが、三年前の遠い地での最後の冬の出来事を回想する――。
何がきっかけだったか、はっきりと覚えていない。
些細な偶然がきっかけだったような気がする。
懐かしいような怖いような………あの時、確かに俺はおかしかった。禁断の8ミリセルフ撮影を敢行した、狂気のエンターテイメント!!


| Contact Us | ©2008Akira Matsuda All Rights Reserved.